よくあるご質問

打敷は日常はしてはダメなのでしょうか?いつすればいいのでしょうか??

打敷は祥月命日以上の年忌法要やお盆・正月・春秋彼岸・報恩講・結婚式など、特別な仏事の祭に卓に掛け、平時は使用しないのが正式です。

中陰法要など喪中には白地の打敷を用い、正月・報恩講には明るい華美なものを用いるなど行事によって使い分けます。

また、季節によって夏用と冬用に使い分けるのが望ましいです。

6月から9月上旬(彼岸入りの前)までは夏用、9月中旬から5月ごろまでは冬用を用います。

 

一覧に戻る
HOME >よくあるご質問 > 打敷は日常はしてはダメなのでしょうか?いつすればいいのでしょうか??

店舗案内

本店

本店

0120-89-8109

定休日:第2火曜日(催事期間中は変更あり)

本店への交通アクセス
大野店

大野店

0120-58-1278

定休日:火曜日

大野店への交通アクセス
ページトップへ

永楽屋は、供養するこころを形にし、大切な方を想い、
記憶するためのお手伝いさせていただきます。

0120-89-8109

AM9:00~PM6:00
第2火曜日定休(催事期間中は変更あり)

メールで問い合わせ
ページトップへ